XM

60秒でFXが簡単に理解

Pocket

 

FX取引とは? 

外国為替証拠金取引や通貨取引とも呼ばれるFX取引は、一つの通貨を売り、その代わりに他の通貨を買うことを意味します。通貨取引では、常に一つの通貨ともう一つの通貨の交換が行われます。

目的は様々であり、以下のいずれかが主な目的ですが、これらに限定されるものではありません:

  • 1. 旅行のために通貨A(例えばUSD)と通貨B(例えばEUR)を交換する。
  • 2. トレード目的で通貨A(例えばUSD)と通貨B(例えばEUR)を交換する。
  • 3. 利益を上げることを目標とした投機目的で通貨A(例えばUSD)と通貨B(例えばEUR)を交換する。

上記の理由から、FX取引市場は今日世界で最も流動性が高く、最もボラティリティの高い市場であり、一日の取引量は$5兆以上に上ります。

 

FX取引の仕組みは?

FX取引は、単純に言うと一つの通貨をもう一つの通貨と交換することです。

従って一つの通貨を買うために、現在の市場レートにてもう一つの通貨を売ります。

トレードをするためには、口座を開設して通貨Aを保有したうえで、それに従った最終目標と共に長期もしくは短期取引の為に通貨Aを通貨Bに交換する必要があります。

FX取引は通貨ペアに対して行うものであることから(一つの通貨に対してもう一つの通貨の相対額を支払う取引)、最初の通貨がいわゆる基軸通貨となり、2番目の通貨は決済通貨と呼ばれます。

例えば、EUR/USD 1.2345の時価が、USドル建てのユーロの価格であり、1ユーロが1.2345USドルであることを意味します。

通貨取引は、主な金融都市のロンドン、ニューヨーク、東京、チューリッヒ、フランクフルト、パリ、シドニー、シンガポール、香港にて通貨取引が行われる日曜日の22:00GMT(日本時間月曜日7:00)から金曜日22:00GMT(日本時間土曜日7:00)まで一日24時間行うことが可能です。

 

FX取引の価格に影響するものは?

FX取引の毎日の価格(為替レート)に貢献、影響する要素は無数にありますが、FX取引の価格変動に最も影響を及ぼし、多少なりとも原動力となっているものは6つあると言えるでしょう。

  • 1. インフレ格差
  • 2. 金利差
  • 3. 経常収支赤字
  • 4. 公的債務
  • 5. 交易条件
  • 6. 政治的および経済的安定性

上記の6つの要素を最もよく理解するためには、通貨同士がお互いに取引されていることを念頭に入れておく必要があります。

通貨単位は常に他の通貨にて表されるため、一方の通貨が下落すれば、もう一方の通貨が上昇します。

 

FX取引ソフトウェアとは?

FX取引ソフトウェアは、オンライン取引プラットフォームのことであり、こちらを利用して取引通貨やその他の投資商品を参照、分析、取引することができます。

取引プラットフォーム(ソフトウェア)へのアクセス権が与えられ、こちらがグローバル市場の価格提示に直結しており、第三者の介入なく取引を実行していただくことができます。

 

FX取引におけるメジャー通貨ペアとは何ですか?

FX取引において、いくつかの通貨ペアはメジャー通貨(メジャー通貨ペア)と呼ばれます。

この部類には最も取引量の多い通貨ペアが含まれ、ペアの片方が常にUSDとなっています。

メジャー通貨ペアの例: EUR/USD,  USD/JPY,  GBP/USD,  USD/CHF,  USD/CAD,  AUD/USD,  NZD/USD

 

FX取引におけるマイナー通貨ペアとは何ですか?

FX取引において、マイナー通貨ペアもしくはクロス通貨ペアとは、ペアの片方がUSDではないものです。

 

FX取引におけるエキゾチック通貨とは何ですか?

FX取引において、エキゾチック通貨とは取引量の少ない通貨ペアのことで、主要通貨と小さい経済国もしくは新興国の通貨がペアになっています。

これらのペアは通常ボラティリティが低く、流動性が低い為主要通貨ペアとクロス通貨ペアのような活発な値動きは見られません。

流動性が低い通貨取引は 価格が動かず予期せぬ値動きしますので 取引は避けた方がいいでしょう。

 

 

レバレッジ888倍 ガッツリ稼ぎたい人は 人気NO1の XMへ XM公式ホームページはコチラから

 

Pocket

-XM

© 2020 海外FX専門 専門屋 Powered by AFFINGER5