海外FX 海外入出金

海外FXはクレジットカードやビットウォレットを2つは作っておこう。ストレスレスの入出金で便利です。覚える事は3種類


海外口座への入出金って大変そうだな!

まず海外FX口座への「入金や出金の手続きって大変そう」だと考えている人は多くいます。

筆者も最初はそうでした。 確かに最初は、ちょっと1歩構えてしまいがちですが、実は意外と簡単に入金も出金もできるんです。

今や海外FXのサイトの案内も、オール日本語対応となっており、 「日本の会社じゃないの?」って間違えてしまうぐらいです。

それだけ海外FX業者も顧客にストレスを与えないようにサービスの向上に努めているので、とてもストレスレスなのです。

とっても簡単に入出金をする為には、 クレジットカードオンラインウォレットを作っておきましょう。  

 

ここで分る入出金方法は以下の3つ

  • クレジットカード
  • オンラインウォレット
  • 海外銀行送金

  その他、ビットコイン入金や国際決済入金がありますが、内容が複雑で混乱すると思うので割愛させてもらいます。 この3つだけ覚えていたら、どんな時でも何処からでも誰だって入出金ができます。  

クレジットカード・ビットウォレットはこう使う

 

メリットは、やはり入金や出金の処理が早い所にあります。

  ・入金してから、海外FX口座に反映されるまでの時間をみてみましょう。

 

入金から反映まで

  • クレジットカード ・即時反映される
  • オンラインウォレット ・即時反映される
  • 海外銀行送金 ・1日未満(国内銀行の都合もあり)

  海外FX口座を開設すると、個人専用の入金先の口座があるので、そこに振込手続きをするだけで、すぐに反映します。   ・出金から国内口座に反映される時間をみてみましょう。

出金から反映まで

  • クレジットカード3日~14日前後に出金完了
  • オンラインウォレット1日~5日以内に出金完了
  • 銀行銀行送金3日~14日前後に出金完了

  海外口座に入金するよりも海外口座から出金をする方が時間がかかってしまいます。

そこで出金をするのに便利なのが、 オンラインウォレット」です。

オンラインウォレットは主に海外銀行の入出金に使用します。

近年では仮想通貨の両替やオンラインショッピング等でも使われています。

オンライン上でお金を保管する事のできる銀行のようなイメージで大丈夫です。

今回は海外FXのほとんどの業者が、入出金のさいに使える 「bitwallet(ビットウォレット)」を作っていて下さい。

もちろん無料でつくれます。  

bitwallet公式ホームページ  

海外FXをするのには必須なアイテムになります。

国内でお金が必要になった場合でも海外口座から出金の日数がかかってしまうと、 とてもストレスを感じてしまいます。

数ある出金方法の中でも最短時間で出金を行えるのはもちろん出金手数料も比較的に高くもなく一律価格の824円です。

下記の流れになります。

海外FX口座 ・海外口座からbitwalletまで平均手数料1$ bitwallet  ・bitwalletから国内送金まで一律824円 国内銀行  ・着金して引き出す

この構図が海外FX口座から1番多く使われている出金方法になります。

補足①としてbitwalletからのクレジットカードへの出金ができない為、この構図になります。

またクレジットカードの種類によっては海外FX業者に直接入金ができない場合もあるので、bitwalletを使って入金する人もいます。(JCB,マスターカード、アメリカンエキスプレス等)

補足②として海外FX口座から直接クレジットカードの出金もできますが時間がかかります。  

bitwallet登録方法はこちら

bitwalletがあると海外口座の自由度が広がりますよ。 

(イメージ図)

 

  bitwallet公式ホームページから

 

 

これでbitwalletからメールが届きます

 

 

 

送られてきたメールからログインするとマイページができているので

左下の「設定」をクリックし

 

 

1 顔写真つき本人確認資料

2 IDセルフィー

3 現住所確認資料

この3点をアップロード送信をすませると

数日以内に「各種証明書の承認完了」メールが届くので、ログイン後いつでも使うことができます。

この際は入金先の銀行口座も登録を済ましときましょう。

  bitwallet公式ホームページから

 

銀行送金に対応していない銀行

海外送金不可の銀行もあるので、それ以外の国内銀行口座が必要になります。

海外送金受け入れ不可の国内銀行

  • MIZUHO銀行(ネット支店のみNG・実務店舗はOK)
  • 新生銀行
  • ジャパンネットバンク銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • じぶん銀行

もっとも高い手数料がかかり尚且つ遅いのが、海外FX口座から直接出金の 銀行送金」になります。

1回の出金価格が、3.000円から6.000円になり非常に高い事を認識しましょう。

海外FX業者 ・手数料10$~24$ 海外FX業者 ・リフティングチャージ料金2.500円 国内銀行  ・受取手数料2.500円

銀行送金は手数料が高い為、年間計算をしたらすごくマイナスになるので避けましょう。

補足としてソニー銀行は受取手数料がかからないので2.500円~3.000円ほどになるので少しは安くにはなります。  

 

クレジットカード/デビットカードは制限あり

海外FXをするのに活躍するのが クレジットカードですが、 制限があり実はあまり活躍しません。  

活躍しない理由

  • クレジットカードで入金した 場合は1ヶ月間は出金ができない
  • 入金額と同額までの出金しかできない
  • visaカードが主役になり、その他のカードはあまり扱っていない

  海外FX口座からクレジットカードへの出金額が同額までが効いています。 クレジット枠の現金化になる恐れがあるためだそうです。 このように海外FX口座からの出金方法はこれだけでも複雑でわかりにくいので、 まとめて見ます。 このような制限があるので、皆さんどうしているのかと言うと

  • クレジットカードはvisaを本カードで使い
  • クレジットカードで入金をし
  • 出金はbitwalletで行っています

この作業はすべてパソコンやスマホで行えるので、多くのトレーダーがこの方法での入出金をしています。 visaクレジットカードは世界でも使えない所がないほど、何処ででも使えて とても便利なカードです。 もっていない方は作っていた方が役にたちますよ。 

三井住友VISAカードはこちら 

 

この入出金で1番重要な事とは

筆者も現役の海外FXトレーダーですが、 トレーダー目線から1つ言いたいのです。

海外FXはリスクよりもリターンの方が大きく魅力的ですが、業者によっては金銭トラブルもいまだにあるそうです。

  その理由としては500万円や1.000万円ほどの高額出金のさいに、なかなか出金をさせてもらえないと言う事例があります。  

筆者は1回もそのような被害にあっていないのは優良な業者を選んでFXをしているのは、もちろんですが 50万円や100万円程の小額の利益を、コンスタンスに出金をしていたからだと思います。

この記事で書いた手順の通りにです。  

海外FXをするのならば、その出金体制を整えてからFX業者に登録をするのがいいでしょう。   ここでいう優良海外FX業者は絞りに絞った2つになります。  

 

被害に合わないためにも、この関連記事を読まれた方がいいと思います。

(重要)騙されるな海外トラブルメーカー FX業者、知っているのか?ニュージーランドの業者は金融ライセンスをもっていない。

XMTradingの魅力に迫る「安全性」「信頼性」「稼げる環境」

海外FX・FBSを3つのボーナスから5つのサービスを徹底分析し全てが分る。レバレッジ3000倍は200$までしか取引できない。  

 

まとめとして

出金方法は3つだけですが、この記事の方法が妥当だと思います。 スムーズにストレスフリーな出金を行い、稼ぐ事で沢山入出金ができます。

出金をする事の大切さが少しでも伝わったなら筆者はすごく嬉しく思います。 最後までご朗読ありがとうございます。

XM公式サイト GEMFOREX  


-海外FX, 海外入出金

© 2020 海外FX専門 専門屋 Powered by AFFINGER5